症例で見る

リハビリ方法

体幹や関節、筋肉を意識した動きが必要

椎間板ヘルニア手術により、脊髄神経を圧迫している椎間板物質を取り除いた後は、いかに早く動物が患肢の機能回復ができるかが重要です。そのため外科手術後の理学療法が重要となってきます。椎間板ヘルニアによる神経麻痺のため、術後には後肢の筋肉量が著しく低下しており神経麻痺に加え筋力も落ちています。

そのため、2つのトレーニングが必要です。
・神経麻痺改善訓練:後ろ足の位置を再認識させ、神経の再疎通を促す
・筋肉増加訓練:神経の回復後により早く後ろ足を動かせるように後ろ足の筋肉量を増す


術後に適切な理学療法を実施することでより早い機能回復につながってきます。

人間のリハビリとの違い

人間の場合、当然ながら「なぜ」「どのように」「どれほど」行うのかを理解したうえで自分の意思でリハビリに取り組むことになります。しかしながらワンちゃんの頭の中にはリハビリという概念がそもそも存在しません。リハビリにおける運動が「きついもの」や「痛いもの」として認識されてしまうと、それ以降はそれらの運動は「嫌なもの」として積極的に参加しなくなってしまいます。そのため、いかに楽しく、そして効果的な動きを取らせるかが重要となります。

椎間板ヘルニアリハビリスケジュール

1、術後の評価ならびにリハビリ内容の決定

椎間板ヘルニア手術後には、手術前後の身体の状態を考慮したうえで、過度な負担がかからない、効率的なリハリビリスケジュールを立てます。当院にはCCRP(テネシー大学理学療法)資格を取得した、リハビリに特化している獣医師が在籍しているほか、人間の理学療法士資格を保有した動物看護師も在籍し、その子にあったベストなリハビリを検討します。効果的なリハビリは早期の回復に繋がります。

2、リハビリテーションの実施

リハビリを行うにあたり、大事なのはワンちゃんのモチベーションをいかにあげ、気持ちよくリハビリに参加してもらうかです。動物は人間とは違い、自発的なリハビリを行いません。一度落ちた機能を、簡単な楽しい運動やマッサージなどによって回復を目指します。リハビリの内容はその時々の状態を見ながら柔軟に変更します。

3、退院後のリハビリテーション

ワンちゃんにとって最も落ち着ける場所はご自宅です。そのご自宅でも取り組めるリハビリについてアドバイスを行なっています。前十字靭帯断裂を起こす過程で、筋肉量の低下や骨の変形を起こしていることもあるため、数ヶ月スパンでのリハビリの取り組みが必要になることもあります。

4、通院によるリハビリテーション

当院では、専門的なリハビリの知識を持った獣医師・動物看護師によるリハビリを行なっています。プール施設も併設しており、身体への負荷の少ないリハビリが可能です。定期的に通っていただくことで、機能回復の状態を確認することが可能です。リハビリの通院を希望される際はお電話にてお気軽にご相談ください。

動物病院で行うリハビリ例

リハビリプール

温水のプールでリハビリを行う方法です。遊びながら全身を使ったリハビリが可能です。ワンちゃんの状態によって、溺れないようにウォータージャケットを着用することもあります。麻痺があるワンちゃんは陸上だと足を引きずってしまいますが、水中であれば足の力で体重を支える必要がないため、足を自由に使いやすくなり、関節や筋肉への負荷を極力下げた状態で刺激することが可能です。

プールでのリハビリにはこのようなメリットがあります。(動画は当院で撮影したものです)

・水中では、転倒による骨折など、ケガのリスクが少ない
・浮力で、骨や関節への負担がかからず、全身の筋肉をバランスよく鍛えられる
・体温より低い水温が刺激となり、体温調節機能が高まり、温度変化に強くなる
・有酸素運動による全身の血行代謝を促進する

水中トレッドミル

水中トレッドミルとは、プールのように水が入ったトレッドミルのことで、床が動くことでワンちゃんを強制的に歩行させ、自力での歩行を促すものです。リハビリプール同様、水の浮力を活用しすることで、関節にかかる負荷を軽減することができるため、陸上よりも容易に歩行を行うことができます。

家庭でも行えるリハビリ例

バランスボール/バランスボード

ピーナッツ型のバランスボール(フィジオ・ロール)や、ドーナッツ型のもの、ディスク型のもの等を用い、前足を乗せて体を支えてあげることで、後ろ足でバランス良く体重を支えるトレーニングができます。バランスボールの上に乗せて、体幹を使って体勢を維持するトレーニングとしても活用できます。バランスのトレーニング、筋力アップ、関節可動域の改善などに役立ちます。近年は犬のリハビリ専用のバランスボールが販売されており、気軽に手に入れることができます。

カバレッティレール(タオルで代用可能)

レールやタオルを跨いで歩くトレーニングです。レールの高さや数はワンちゃんの症状によって調整します。筋力の維持や強化、関節可動域の改善、バランスのトレーニングなどを目的とします。ご自宅だとタオルで代用が可能です。おやつなどを用意して楽しい雰囲気で行うことが大事です。

マッサージ・ストレッチ

膝蓋骨脱臼を起こしたワンちゃんの中には、異常な関節の動かし方が習慣化してしまっている子がいます。そういうワンちゃんでは関節可動域が狭まっていることがあるため、マッサージやストレッチを行うことで、血液やリンパ液の流れを良くし、老廃物を洗い流すことで患部に酸素や栄養を送りこんだり、軟部組織を伸ばすことで、関節可動域の改善を図ったりします。その子にあったマッサージ・ストレッチ法は獣医師の先生に確認されてください。

ダンス運動

両前足を持ち上げ、後ろ足で歩かせる運動です。後ろ足で正しく着地ができるようになることを目指します。後ろ足の筋力強化や関節可動域の改善効果があります。

千葉院以外のグループ動物病院

Group OF ONE for Animals

  • ONE
    どうぶつ整形外科センター東京

    東京で唯一のONE for Animalsグループです。院内にはCTを整え、千葉院、横浜院と連携を取りながら治療にあたっています。

    東京都港区芝2丁目29-12-1F

    TEL:03-6453-9014 
    院長:森 淳和

  • ONE自由が丘
    どうぶつ整形外科・リハビリセンター

    リハビリ専門の獣医師(CCRP保有)がセンター長を務める、プール付きのリハビリ特化型施設です。早期回復のサポートを行います。

    東京都目黒区柿の木坂1-16-8

    TEL:03-6459-5914 
    センター長:岸 陽子

pagetop

飼い主様へ 獣医師様へ