特集

私たちの取り組み

OUR EFFORTS

  • 1、股関節形成不全に対する新しい手術法

    股関節形成不全に関して、Double Pelvic Osteitomy (DPO)という手術法が実施可能です。この手術では骨盤の骨を切断し、(腸骨と恥骨)、DPOプレートという特殊なプレートで再度、腸骨を固定することで、はまりが浅い股関節の状態を改善します。

  • 2、Yahooニュース配信のお知らせ

    2014年12月8日(月)のYahooニュースにおきまして、One for Animalsの記事が配信されました。3Dプリンタモデルを活用し、犬の特殊な整形外科症例において大幅な手術の時間短縮に成功した記事をご紹介いたします。

  • 3、麻布獣医学会越智賞を受賞

    ONE for Animalsでは3Dプリンターによる整形外科手術をダックスフンドの脛骨内反症の変形矯正にも適応することで、これまで足が短く変形不良が生じやすかったダックスフンドの脛骨内反症の手術がより正確に実施できることを発表しました。

  • 4、PRP療法に関して

    現在、当院では慢性関節炎症例に対してPRP(自己血小板血漿療法)に取り組んでいます。

  • 5、日本獣医麻酔外科学会にてアワードを受賞しました

    第94回獣医麻酔外科学会「研究報告」にて口頭発表を行い、アワードを受賞しました。

  • 6、平成29年関東・東京合同獣医師学会で学術奨励賞を受賞

    当センター整形外科の小林聡が2017年9月10日に開催されました平成29年関東・東京合同獣医師学会にて発表を行い地区学会賞を受賞いたしました。

  • 7、平成29年関東・東京合同獣医師学会で地区学会賞を受賞

    当センター整形外科の森淳和が2017年9月10日に開催されました平成29年関東・東京合同獣医師学会にて発表を行い学術奨励賞を受賞いたしました。

  • 8、平成30年度獣医学術関東・東京合同3学会で学術奨励賞を受賞

    当センター整形外科の森淳和が2018年9月9日に開催されました平成30年関東・東京合同獣医師学会にて発表を行い、学術奨励賞を受賞いたしました。

整形外科・リハビリのプロを目指すなら ONE for Animals 採用特設サイトへ
整形外科・リハビリのプロを目指すなら ONE for Animals 採用特設サイトへ

整形外科を通じて、
動物たちのために尽力します。

〒275-0024
千葉県習志野市茜浜1-5-11

東関東自動車道:谷津船橋 3分
京葉道路:花輪IC 6分
外環自動車道:高谷JCT 8分
新習志野駅(京葉線)徒歩約15分

診療時間
9:00〜12:30 ×

休診日:金曜日

※午後は手術優先で診察はお受けできないことがありますが、
緊急時にはお電話ください

※当院は予約診療制です。 必ず事前にご連絡のうえ、ご来院ください。

飼い主様へ 獣医師様へ