症例で見る

犬の膝蓋骨脱臼

CASE 01

膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿が本来あるべきところからずれてしまうことで、後ろ足に(膝関節に)力がはいらなり歩き方に異常が出る病気です。脱臼が続くと靭帯や軟骨、骨などに損傷を与えてしまいます。症状が悪化するとワンちゃん(ネコちゃんでも発生します)は歩けなくなることもあるため、特に頻発犬種において膝蓋骨脱臼が見られる場合は、重症化する前に外科手術が必要です。手術では、膝関節が正しい動きができるように膝蓋骨の脱臼を整復します。

膝蓋骨脱臼とは

膝にあるお皿の骨(膝蓋骨)が、大腿骨の本来収まるところ(大腿骨滑車)から外圧や先天的な理由からずれてしまう疾患です。この膝蓋骨は、太ももの骨の前側にある筋肉(大腿四頭筋)とくっ付いており、靭帯で、すねの骨と繋がり、「膝関節の伸展機構」を構成しています。膝の伸展機構は、後ろ足に力を入れたり、、跳ねたり、歩いたりするときに大きな役割を担っているため、膝蓋骨脱臼が起きると飼い主様の目に見えてワンちゃんが痛がったり、異常な歩き方がわかります。膝蓋骨脱臼は両側の足起きる事がおおいので、片方に症状がでるともう片方の足にも負担がかかる歩き方をするようになり、その逆も片方の足の症状も強くなり、結果的に両足で膝蓋骨脱臼を生じることもあります。

膝蓋骨脱臼は英語で「patellar luxation」と呼ばれ、診ることの多い疾患のため、略して「パテラ」と呼ばれることもあります。

膝蓋骨脱臼の2つのパターン

膝蓋骨がずれるのが身体の「内側」であれば「膝蓋骨内方脱臼」、身体の外側であれば「膝蓋骨外方脱臼」と呼びます。なお、全ての犬種で内方脱臼の方が多くみられますが、外方脱臼に関しては小型犬よりも大型犬の方が発生位率は高くなります。

膝蓋骨脱臼の原因と対策

膝蓋骨脱臼が発生するのには2つの原因があります。

1つは先天的な理由です。遺伝的な要因が関わっていると考えられていますが、いまだはっきりとした遺伝子は判明していません。元々の後ろ足の骨の形が曲がっていて、大腿骨のくぼみ(滑車溝)から膝蓋骨が外れやすかったり、成長期に、膝蓋骨を安定化しておく組織(筋肉や靭帯などの軟部組織)弱くなりがアンバランスが生じることが原因ではないかと言われています。トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、ポメラニアン、チワワ、マルチーズ、パピヨンといった小型犬だけでなく柴、ゴールデンレトリーバー、バーニーズ・マウンテンドッグなども発症が認められます。

先天的な理由が原因の場合は防ぐ方法がないため、症状が悪化しないようこまめに観察をする、定期的に健康診断に行くことが重要です。特に成長期(生後3−12ヶ月)では急に悪化する場合があるため注意が必要です。

もう1つは外傷的な原因です。交通事故や高いところからの飛び降り、転倒などが原因で膝蓋骨が脱臼してしまうものです。明らかな外傷的な原因がなくとも、気がついたらいつのまにか歩き方がいつもと違っていたり、通常の散歩をしていたにもかかわらず、突然「キャン」と鳴いて足を引きずったり、ケンケンするようになった、ということも多く伺います。

外傷的な原因の場合は、下記の点に気をつけることが重要です。

・太りすぎに気をつける
・自宅の床を滑らない素材にする(マットを敷く)
・軽度な症状が見られた場合には早期に獣医師に診てもらう

膝蓋骨脱臼の症状

膝蓋骨脱臼を起こしたからといって必ずしも症状があるとは限りません。特に初期の場合は痛みが発生しないこともあるため、飼い主様は脱臼に気づけないことが多々あります。症状が進行するに伴い、足を浮かせる時間が長くなったり、頻度が高くなったりします。

脱臼は膝関節全体へのダメージを与えます。骨へのダメージが蓄積すると骨の変形を、関節へのダメージが蓄積すると関節炎を起こしたりもします。最終的には歩けなくなるほどの症状を起こします。また膝蓋骨内方脱臼が存在していると膝の中の前十字靭帯という靭帯の損傷がおきやすいとされています。

症状が進むと骨が変形し、O脚やX脚になる場合もあります。

4つのグレード

膝蓋骨の外れやすさの指標として、触診検査によるグレード分類(Singeltonの変法)が用いられます。

グレード1:膝蓋骨は触診で簡単に外せるが、手を離すと正しい位置に戻る。
グレード2:膝を曲げ伸ばしするだけで、簡単に膝蓋骨が外れる。
グレード3:膝蓋骨は常に外れたままだが、手で押すと元に位置に戻せる。
グレード4:膝蓋骨は常に外れたままだが、手で押しても元に位置に戻らない。

グレードの数が大きくなるほどに病態が進み、症状が重くなります。グレード4まで進むと骨の変形等も確認され、修復不可能な状態になってしまうことがあります。

膝蓋骨脱臼の診断・検査方法

検査方法は主に3つあります。

1、身体検査(歩行検査) 身体検査時に、整形外科学的な歩行検査を行います。歩行ならびに早足の際の様子を観察し、体重が各足に均等にかかっているか、動き始めの違和感の有無などを確認します。

2、触診 もっとも重要なのが触診です。膝蓋骨脱臼が疑われるワンちゃんを横に寝かり、立位のままで保定し、膝関節をまっすぐな状態(伸展位)と曲げた状態(屈曲位)に保持します。そひて内方脱臼と外方脱臼の診断で下記の触診を行います。

・内方脱臼の診断
片方の手で脛骨を内旋させながら、もう一方の手で膝蓋骨を内側に押し、膝蓋骨の内方変位を触診する。

・外方脱臼の診断
片方の手で脛骨を外旋させながら、もう一方の手で膝蓋骨を外側に押し、膝蓋骨の外方変位を触診する。

触診にて両後ろ足の筋肉量を確認し、膝関節の左右差についても触って評価します。

3、レントゲン検査 膝関節の状態をX線画像で詳しく調べます。手術が適応となる場合は、術前計画のための計測にも用いられます。場合によってはCT検査を行うこともあります。なお、X線撮影では、外れた膝蓋骨が撮影時に正常な位置に戻る事があるため、熟知した獣医師の触診が重要です。

自宅でできるチェック項目

特に小型犬では、膝蓋骨脱臼が発生しやすいため、飼い主様はあらかじめその点を考慮し、注意深く観察を行う必要があります。これまで当院で数多く見てきた脱臼の症状ならびに飼い主様から伺う内容についてまとめていますので、気になる方は是非チェックされてみてください。

手術方法(外科的治療)

手術では下記を達成するために、各症例に合わせた複数のアプローチを実施します。

A:膝関節構造の位置不良(膝伸展機構のアライメント不良)を正す
B:大腿骨滑車における膝蓋骨を安定させる

具体的には手術では、これらの事項について整復を行います。

・靭帯の向きの修正
・内側・外側に引っ張る強さの調整
・大腿骨の溝を深くする
・周囲の筋肉のバランスの調整

わかりやすい言葉で言い換えると、膝蓋骨、靭帯、脛骨粗面(脛骨上の靭帯が張り付く箇所)が一直線になること、膝蓋骨が大腿骨のくぼみにはまり再度脱臼させないようすることです。術式によっては難易度が高く、再脱臼のリスクもあるため、整形外科を得意とする動物病院や二次診療施設での対応となることがあります。 一般的には歩行異常があり、脱臼時に違和感がある場合には手術をおすすめしています。また、成長期で膝蓋骨脱臼の程度が進行している場合や、グレードが高い場合にも手術が考慮されます。特に成長期に膝蓋骨脱臼を放置しておくと、高齢になってから関節炎などに悩む事があるため、生活の質を落とさないために手術を検討することもあります。

手術には、下記の方法があり、ワンちゃんの状態により最適な術式を選択します。

A:膝関節構造の位置不良を正す目的のもの

・脛骨粗面転移術 脱臼に伴いずれてしまっている脛骨側の靭帯が張り付く面(脛骨粗面)を切り出し、靭帯・膝蓋骨・脛骨が直線的に並ぶように整復する術式です。膝蓋骨靭帯を脛骨粗面に付着させたまま骨へのアプローチを行うため、靭帯には影響を与えません。

・内側(外側)支帯切離 膝蓋骨を内方あるいは外方に必要以上に引き寄せようとする筋肉を切り離し、正しい膝関節構造の位置へ戻す術式です。

・関節包縫縮術 内方脱臼であれば、外側の関節包(関節を取り囲む組織。外側は線維性膜、内側は滑膜で構成)を切り出し、内側へきつく縫うことで外側への引っ張る力を獲得し、正しい膝関節構造の位置へ戻す術式です。

・大腿骨あるいは脛骨の骨切り術 骨のねじれや歪みにより筋肉が常に張った状態になっている場合に行う、骨を切って正常な 状態に戻す術式です。大腿骨あるいは脛骨を一部切除し短くすることで、筋肉にゆとりを持たせます。かなり重度に進行した場合に適応となります。

B:大腿骨滑車における膝蓋骨を安定させる目的のもの

・滑車溝造溝術 滑車溝(くぼみ)を深くして脱臼しにくくする術式です。この術式の中にも、どのように滑車溝を深くするかで、滑車軟骨形成術や楔状造溝術、ブロック状造溝術に分けることができます。

・滑落防止スクリュー設置術 膝蓋骨を覆う靱帯のすぐ隣にスクリュー(ねじ)を設置し、これを越えて脱臼するのを防ぐ術式です。

内科療法

内科療法は保存療法であり、根本的な問題を解決するためのものではありませんが、ワンちゃんの状態・年齢によっては内科療法を選択することもあります。この場合、いかに生活の質を落とさずに今の状態を悪化させないかに焦点をあてることになります。

内科療法では悪化時には、基本的に痛み止めを飲んで安静にします。そのほかにもサポーター(装具)をつけることも有効ですが、症状が良くならない場合には、外科治療が検討となります。外科治療をせずに様子を見る場合は、太らせないように体重を管理したり、滑りにくい床にするなどの生活環境の改善も大切です。

リハビリ方法

膝蓋骨脱臼を生じ、手術治療を行った場合、脱臼を起こした足と、そうでない足で筋肉差が生じたり、歩き方・重心の掛け方に差異が生じたりしてしまいます。そこでリハビリでは、正常な歩き方ができるように、筋肉量を増やすためのトレーニングを行なったり、凝り固まった筋肉を動きやすくするためのマッサージが必要となります。膝蓋骨脱臼は骨や関節の構造異常で生じるためリハビリで脱臼程度が良化する事が通常ありません。

近年はリハビリに力を入れている動物病院も増えているため、リハビリまでを見据えた動物病院探しを行うことも重要です。当院でもそうですが、整形外科専門の動物病院ではトレッドミルやプールを用意し、効果的なリハビリを行うところもあります。

当院にはリハビリ専門の獣医師が在籍しています。獣医療先進国であるアメリカのテネシー大学が提供する犬の理学リハビリテーションプログラム(CCRP)を受講しており、獣医師としての知見を活かしリハビリに当たっています。

また、人間の理学療法士資格および動物看護師資格を保有したスタッフも在籍しています。そのスタッフは理学療法についてのセミナーを多数行っており、人と動物の身体の違いを理解したうえで、効果的なリハビリを検討します。整形外科専門病院だからこそ、リバビリにも専門の人材が担当いたします。

実際に当院で行なっているリハビリ方法をご紹介しています。ご自宅でも行うことができるものもご紹介しています。

入院期間と入院中の過ごし方

当院では、膝蓋骨脱臼に対する手術を行なったのちの入院期間は2日〜3日ほどが目安となります。手術後は〜正確にもよりますが(怖がりな子は歩くことも嫌がる事が多いです)手術後は、手術をしていない側の足および両方の手の3本で動き回る事が可能です。両方の手術を行った場合には歩くようになるまでは3〜5日かかる事が多いです。

当院では入院期間中は毎日リハビリを行うほか、天気の良い日には当院併設のドッグランで1日2〜3回ほど歩く練習を行うようにしています。

入院期間中はワンちゃんに「機嫌良く」過ごせてもらえるよう、1日に預かる入院患者数を制限しているほか、ワンちゃんに頻繁に声をかけ、安心できる環境を整えています。ワンちゃんの機嫌はリハビリの運動の効果に大きく貢献します。

膝蓋骨脱臼に対する整復手術前後動画

当院での治療について

当院での治療は動物病院様からのご紹介の他に、飼い主様からご連絡も承っています。他の病院で検査データなどがありましたらご持参ください。

まずは当院へお電話にてご連絡ください。
(電話番号:047-408-9014。 受付時間:9:00〜17:00。)

当院グループの2010年〜2019年までの椎間板ヘルニア手術実績1300件以上の実績があります。

整形外科・神経外科特化型病院だからこそ、CTやMRIを活用し、精緻な手術、より身体への負担の少ない手術を目指します。当院獣医師が専門外来として訪問させていただいているかかりつけ病院からは手術のスピードが早く、正確な手術であるとと評価をいただいてます。

千葉院以外のグループ動物病院

Group OF ONE for Animals

  • ONE
    どうぶつ整形外科センター東京

    東京で唯一のONE for Animalsグループです。院内にはCTを整え、千葉院と連携を取りながら治療にあたっています。

    東京都港区芝2丁目29-12-1F

    TEL:03-6453-9014 
    院長:森 淳和

  • ONE自由が丘
    どうぶつ整形外科・リハビリセンター

    リハビリ専門の獣医師(CCRP保有)がセンター長を務める、プール付きのリハビリ特化型施設です。早期回復のサポートを行います。

    東京都目黒区柿の木坂1-16-8

    TEL:03-6459-5914 
    センター長:岸 陽子

pagetop

飼い主様へ 獣医師様へ